小学生時代はフケを眺めていた

 今でも思い出すのが、小学生の頃の事です。授業中暇で頭が痒くて、無意識にポリポリと掻いていました。気持ちよさに手が止まらなくなり、いつの間にか両手でがりがりと強く掻きむしっていました。

 ふと気付くと机の上には大量の白い粉が落ちていて、当時フケだと知らない私は頭から降ってくる雪の様な物体を面白く思い、両手で頭を掻きながら落ちてくるフケを眺めるということをしていました。

 誰にも何も言われませんでしたが、引かれてもおかしくない光景でした…。

洗ってもなくならないフケ

 中学生になりセーラー服を着るようになりました。セーラー服の襟の部分は紺色です。肩の部分にかかる白い粉を見て母親に「それフケだよ!頭しっかり洗いなさい」と言われました。

 私は初めてフケだったのかと自覚し、しっかりしていたつもりのシャンプーを否定されたようでいい気はしませんでした。それでもいつも以上に髪の洗い方には気を付けるようになりましたが、頭が痒いのもフケの量も変わりませんでした。なるべく人前では頭を掻かないように、フケに気付くとすぐにはらうように気を付けました。

頭皮環境が最悪だった

 大学生になって美容院に行ったところ、美容師さんに「頭皮の乾燥が酷い。痒みもあるしフケも出る。炎症で頭皮が真っ赤だ」と言われました。原因を聞いたところ「乾燥が原因だから保湿系のシャンプーを使うこと」と言われ、試したもののあまり変化はありませんでした。

 次に言われたのはストレスでした。睡眠不足や疲れから炎症が起こるそうで、度々ヘッドスパに行くようになりました。ヘッドスパをやった直後は頭皮も綺麗になって頭もすっきりするのですが、一か月後にはまた同じ状態になるため、家でできるケアを探しました。

ヘッドマッサージ機

 見つけたのがパナソニックのヘッドマッサージ機でした。髪にシャンプーを付け泡立ててから使うもので、これがものすごく効きました。色々なタイプがありましたが、汚れが落ちるならとおすすめのタイプを購入しました。

 一回4分ほどでスイッチも切れるのでやり過ぎることも無いですし、とても気持ちが良いです。使い始めて1か月したところで美容院に行ってみると、頭皮の状態も髪の状態もすごく良い!と褒められました。

 子供がいて頻繁にヘッドスパには通えないので、家で気軽にできて一回購入してしまえば経済的なヘッドマッサージ機を購入して良かったです。

体験談を読んでみて

シャンプー

 小学生や中学生の頃って、母親が言うことが世界のすべてというところがありますので、母親のフケ対策が間違っていればそれが最後なんですよね・・・。私も同じだったので、このエピソードはよく分かります、苦笑。

 結局、大学生になって美容師さんに正しい方法を教えてもらうまでフケ症は続いてしまっていますしね。

 この方の体験談でもありますが、ヘッドスパやヘッドマッサージも頭皮の乾燥には効果的のようですね。気になる方はチェックしてみてください。

Page top icon