頭のかゆみとフケ

頭がかゆい

 頭にかゆみがあるということは何らかの原因があり、頭皮に炎症を起こしていることがあります(単純に虫刺されが原因かもしれませんが)

 虫刺されでない炎症があるとしたら、頭皮(皮膚)のバリア機能なども低下していて、頭皮が荒れている可能性があります。肌のターンオーバーがうまくいっていないとフケが発生していることも多いです。

頭皮に炎症が起こる原因

 頭皮に炎症が起こる原因は1つではありません。ここではいくつかの代表的な例を紹介してみたいと思います。

ヘアケア用品

ヘアケアスプレー

 スタイリング剤、カラーリング剤などが肌に合わなかったり、適切な使用方法でなかった場合に頭皮に炎症が起こることがあります。

 違う商品にすることで解決する場合もありますし、そもそもその手の商品が全般的にダメな場合もあります。

シャンプー・コンディショナーなど

シャンプー

 シャンプーやコンディショナー剤が肌に合っている場合でも、洗いすぎると必要な皮脂まで洗い流してしまい、頭皮が乾燥し、炎症を起こすこともあります。

 また、逆に皮脂が元々多い方は洗い残しがある場合はこれまた炎症を起こすこともあります。

強い日差し(紫外線)

木漏れ日と太陽

 髪の毛が短い人だと、強い日差しで頭皮が日焼けすることがあります。日焼けなので、他の部分と同様にかゆくなったり赤くなったりするわけです。

 外出時は帽子をかぶるなど、紫外線対策を行うことも大切ですが、暑さで頭皮が蒸れてしまうこともありますので、ご注意を。

頭をかきすぎ

頭をかく

 すでに何らかの炎症が頭皮に起こっていると、かゆみがあり頭をかいてしまうと思います。その程度であれば問題ないのですが、痒い、かく、かくことが刺激になり痒くなる、かく・・・。

 こんな風な悪循環に陥ることもありますので、頭をかきすぎることも問題ですね。

フケのタイプから対策を考える

 私の場合は、脂漏性皮膚炎ぎみになっていて、湿った感じのフケがでていました。頭皮やおでこ、耳の裏あたりに炎症が起こっていたこともあり、かゆみもある程度ありました。あまりに症状が酷い方はひとまず病院へ受診し、適切な治療薬を処方してもらうことから対策をした方が良いです。

 そこまでひどくはないけどなぁという方は、脂漏性皮膚炎専用のシャンプーから対策を始めてみると良いかと思います。

 それとは違い、粉のようなフケが出ている方は頭皮の乾燥が原因であると考えられます。洗浄力が弱めのアミノ酸系シャンプーに変えてみるところから対策をしてみると良いと思います。

 フケのタイプ別対策を見る
Page top icon