シャンプーの回数とフケ

2回のサイン

 粉のようなフケの原因は、ほとんどの場合で頭皮の乾燥が原因です。(大きなフケやベタ付くフケは別です)。頭皮が乾燥する大きな原因の1つが、シャンプーのしすぎになります。

  • 1日1回のシャンプー
  • 1日2回朝晩のシャンプー
  • 2日1回のシャンプー
  • 1日1回シャンプーなしの湯洗のみ

 どの頻度が頭皮には良いのでしょうか??人体実験として、色々やってみました。

 以下で紹介しているのはあくまでも私の場合でっという話です。人によって皮脂の分泌量や頭皮の乾燥度合いが違うので、シャンプーの回数も人それぞれになると思います。

 ただ、どの書籍を読んでいても、シャンプーは1日1回が基本とされています。ここを基点にして自分の状況から増やす、減らすを考えると良いと思います。

シャンプー1日2回のときのフケの量

 私は高校生~大学生くらいの頃から朝1回、夜1回と頭を洗っていました。当時はフケが気になっていたためにシャンプーを1日2回していました。

 まぁこの洗いすぎが原因だったわけなので、粉のようなフケを量産していたというわけですね、苦笑。しかも洗浄力の強い市販のシャンプーでしたね。やはり1日2回は洗いすぎで、基本的にはフケの量は減らせなかった

シャンプー1日1回のときのフケの量

 しばらくしてからフケのことについて調べてみたところ、シャンプーのし過ぎが原因にもなるとのことで、1日1回夜にのみシャンプーをするようになりました。

 劇的にフケが減ったわけではありませんが、1日2回シャンプーをしていた頃よりは明らかにフケの量は減りましたね。

 アミノ酸系シャンプー(uruotte)にしてからはさらにフケの量は減ったと言えます。ただし、睡眠不足の日は多くなることもありました。

シャンプーを2日1回のときのフケの量

 シャンプーの回数をさらに減らすべく、2日に1回のシャンプーにしてみた時期がありました。ただ、シャンプーをしない日の髪のべた付きが気持ち悪く、頭皮がかゆい感じがして1週間程度で断念しました^^;

 フケの量は減った気もするのですが、それ以上に不快感と痒みがあり、続けることが難しかったですね。

1日1回湯洗のみのときのフケの量

 シャンプーなし、湯洗のみに挑戦してみました。何となくネットでそういう書き込みがあったからやってみようと思った軽い気持ちでした、笑。

 ただ、私自身のフケ症の原因は脂漏性皮膚炎ぎみであったのですが、湯洗のみは、脂漏性皮膚炎の人にはNG行為です。理由は皮脂の分泌が過剰になっている状態なのに、お湯のみでは皮脂をしっかり洗い落とせないからです。

 脂漏性皮膚炎って何?ってかたはこちら

 いつもよりさらに頭皮がかゆく感じてしまい我慢しきれなくなり断念しました。少なくとも、我慢していた数日の間だけでもフケの量が徐々に増えた感じがあり、不快感と戦う日々でした、苦笑。

 脂漏性皮膚炎ではない、ただの頭皮の乾燥が原因のフケ症の方なら湯洗のみでも大丈夫かもしれません。

結果とまとめ

後ろ髪

 人それぞれ頭皮体質や環境が異なるやってみないと何が一番いいのかは分からないとは思うのですが、シャンプーは1日1回が基本というのが間違いが少なそうだと思います。

 私の場合は、脂漏性皮膚炎ぎみの頭皮環境なので、湯洗のみというのが一番NGな行動だったようで、無駄に苦しみました、苦笑。

 粉のようなフケに悩む方はアミノ酸系シャンプーの1日1回がオススメで、私のようにやや湿ったフケで悩んでいる方は脂漏性皮膚炎専用のシャンプーを1日1回がオススメですね。

 タイプ別シャンプー紹介はこちら

注意点

 人それぞれ体質や頭皮環境が異なるので、ここで紹介した結果がそのままアナタに当てはまるかどうかは微妙です。

 また、頭皮のサイクルは1ヶ月~1ヶ月半なので、2~3日程度の実験では何も分からないかもしれないということがありますので、長い目で合うシャンプー探しをする必要があるかと思います。

 さらに、年齢とともに頭皮の肌質なんかも変わってきます。20代では1日2回じゃないとべた付きが気になったけど、30代後半になると乾燥が進むようになった、ということも十分ありえます。日々変わっていく自身の体とのお付き合いですので、長い目で調べてください^^

Page top icon